朗読 – 民話「嫁礁(よめぐり)」

朗読 – 民話「嫁礁(よめぐり)」

朗読 - 民話「嫁礁(よめぐり)」

朗読してみました、第2弾でございます。

お話は、福娘童話集さんより。

上記のサイト様にも音声を掲載していただきました♪

前回もちらっと申し上げました、福娘童話集さんの「きょうの百物語」

その4月28日のお話が、こちらです。

他でもない、私の誕生日。

これは読むしかあるまい。(`・ω・´)

その勢いだけで読みました。

前回よりもシビアなお話ですが
現代にも通ずるものがある面白いお話だと思います。

人を疑うと、なんやかんや、良いことはありませんね。

一度疑い始めてしまうと、ズンズン際限なく深みにはまってしまいそうですし
度を過ぎれば、巡り巡って自分に返ってきてしまう気がします。

人の好意は素直に受け取る。

そして素直に感謝を返す。

そんな気持ちの良いギブ&テイクをしていきたいものです。

d6b5825353926a566894bef6e77fb7c8_s

しかし今回の民話。

実際にあったにしろ、昔の人たちが語り継いだ創作にしろ
昔から浮気だ後追いだあったんだな、と改めて感じますね。

いえ、昔の方が多かったのでしょうか。

うーん、昔の人々も刺激的!

むしろ、昔のお話の方が、現代よりずっと刺激的!

設定を少し変えれば、現代でも十分有り得る、通ずるお話だと思います。
それだけ、人の情念は今も昔も変わらないということなのでしょうか。

どんな話かって?

良かったら聴いてみてください。ふふふ(´∀`*)

今っぽい、流行りっぽいお話だけでなく

こういった昔話も、読んでいて楽しいです♪