まずは聴いてもらう。その大切さ。

a66a33f86bcb1d375b7f1641a952d6e4_s

何はともあれ、まず「声」を聴いていただく。

声を活動をしておりますと、この大切さを本当にしみじみと感じます。

媒体がこういったインターネット上のものになりますから

パッと見ただけで「声」を届けるのは、どうにも難しい訳です。

再生ボタンをワンクリックしていただいて

初めてお耳に届けることができる。

この一手間がもどかしいと思うことが度々あります。

イラストや写真は、小さいサムネイルでも、ハッと惹かれたりします。

こう、声でもそういったことができればいいのに。

そんなことを考えつつ、鋭意模索中であります。

けれど、少しでも多く、聴いていただける機会を! と思うと

やはり一番いいのは、少しでも多く、音声を公開すること! ですね。

既に終えた怪談の朗読のお仕事ですが

未だに反響のお声を頂戴することがございます。

とてもとても嬉しく、その度に恐縮と感謝でワナワナしております(*´д`*)

ライブとは異なりますから、一度公開すると

当然、削除しない限りは、聴いていただける機会がある訳で

ご縁をいただいた視聴者の方々の中には

自分の声を喜んでくださる方もいらっしゃって

それを実感する度に、「聴いていただけて良かったなぁ。・゚・(ノ∀`)・゚・。」という

気持ちが溢れてまいります。

それがまた次の意欲にも繋がりますし

本当に、声は公開してなんぼ! みたいな所を感じます♪

136841

音声素材の収録でも

「うーん…」と気に入らなくて、結局ボツにしちゃうことも多いのですが

やはり、少しでも聴いていただくためには

積極的に公開する勇気を持ちたいと思います(`・ω・´)

ただいま諸々計画中ですので、どうぞお楽しみに♪